安全な水

浄水器(6)

水道水の微量な有害物質や、微生物、塩素などを取り除いて、さらに安全で安心できる水を作り出すのが、浄水器の目的でもあるわけですが、水道水そのものというよりも、水道管が古くなって、その錆が水道水に混じることがありますね。
また、ある程度の階数があるマンションでは、一旦、屋上の貯水槽に水道水を引き上げて、そこにしばらくの間溜めておき、そこから各お部屋に水を供給するという方法をとっていますね。
そのため、時間の経過とともに、貯水槽の内部や、各お部屋までの管が汚れてきたりもします。
そのような汚れは、身体にひどい害を及ぼすわけではないでしょうが、やはり清潔で安全な水とは、ちょっと言い難いですよね。
水道管の赤さびは、色も見るからに赤っぽくなってしまいますから、それを見ただけでももう飲料にする気が失せてしまいます。
このようなトラブルも浄水器があれば、すぐに解決しますから、清潔で安全な水を飲むことはできます。
赤さびなどが問題になる場合には、溶けだした金属をろ過できるというタイプの浄水器を使用すると良いでしょう。
もともと、水道水には微量の金属・・・たとえば鉛など・・・が含まれていますから、そのようなものをろ過できるタイプのものが販売されています。
貯水槽の水に関しましては、埃や管の錆以外にも、微生物や細菌、生き物の死骸などが紛れ込む危険性がありますが、これらに関しましても、通常の浄水器でほぼ、ろ過できますから、心配はないでしょう。
ただし、赤さびに関しましては、元となる水道管を取り換えるのがもっとも良い方法ですし、貯水槽につきましては、こまめに掃除することが、一番重要な事であると思います。

 浄水器(6) 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi