安全な水

水に含まれる有害物質とは

もうずいぶん前から、我が国の水道設備はしっかりと整い、各ご家庭に安全で清潔な水を提供しているわけですが、それでも、もっと完璧なものを・・・と求めるかたがたは、そこへさらに浄水器を使用しています。
人体には影響がないくらい、本当にごく微量ではあるのですが、水道水には有害と言える物質が混じっているからでしょう。
そのままではなくとも、毎日なんらかの形で体内に取り入れなくてはならない水ですから、どんなに微量とは言いましても、有害と言われる物質を摂りつづけることに、無関心ではいられないというのが正直なところでしょう。
ところで、この水道水に含まれている有害物質とは、一体どのような物質なのでしょうか。
まず、もっとも問題となっているのが発がん性を疑われている「トリハロメタン」でしょう。
あまりにも簡易的な浄水器を除いたほとんどのものは、このトリハロメタンを除去することが出来ますから、それだけでも発がん性物質を体内に取り込む可能性が減少したということになります。
つまり、がんになる可能性も低くなったということになりますね。
そして、非常に嫌われるカルキ臭の原因ともなる「塩素」です。
殺菌のために添加されるものであり、人体に対して非常に有害というものではありませんが、やはり化学物質でありますから、なるべくならばば取り入れたくない物質でもあります。
さらに「鉛」も水道水の中に、ごく微量ですが含まれています。
鉛という物質が人間の体内に蓄積いたしますと、疲労しやすくなるという弊害があります。
これらの物質は浄水器で大部分浄化されますから、浄水器を使用すれば、水道水よりも一層安全で清潔な水を飲むことが出来るのは確かです。

 水に含まれる有害物質とは 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi